読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見て読んで聴いて書く

映像、書物、音楽などについての感想

菅野完による調査録「日本会議の研究」

印刷物を集め、検証することで“謎の組織“の沿革を解き明かした労作 日本会議の研究 (扶桑社新書) 作者: 菅野完 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2016/04/30 メディア: 新書 この商品を含むブログ (43件) を見る 「日本会議」というよくわからない、なんだか…

半藤一利、出口治明が日本史について語った放談録「世界史としての日本史」

至極まっとうだが、身も蓋もないともいえる歴史観が展開 世界史としての日本史 (小学館新書) 作者: 半藤一利,出口治明 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/08/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 文藝春秋社出身で作家の半藤一利、ビ…

アーシュラ・K・ル・グィンの小説「ロカノンの世界」

SFではあるが、ファンタジー色の強いル・グィンの初長編 ロカノンの世界 (ハヤカワ文庫SF) 作者: アーシュラ・K・ル・グィン,Ursula K. Le Guin,小尾芙佐 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1989/05/31 メディア: 文庫 クリック: 5回 この商品を含むブログ …

ピエール・バルーの自伝的著作「サ・ヴァ、サ・ヴィアン 目をあけて夢みる者たち…」

ピエール・バルーが日本向けに発行した世界で初めての著作本 サ・ヴァ、サ・ヴィアン―目をあけて夢みる者たち… 作者: ピエールバルー,Pierre Barouh,あつこバルー 出版社/メーカー: 求龍堂 発売日: 2006/04 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブ…

ロマン優光の書き下ろし新書版エッセイ「日本人の99.9%はバカ」

タイトルに比して意外なほど穏健で綻びのない文章 日本人の99.9%はバカ (コア新書) 作者: ロマン優光 出版社/メーカー: コアマガジン 発売日: 2016/07/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 昨年の10月に橘玲という人の書いた「『読まな…

アーシュラ・K・ル・グィンの小説「闇の左手」

数十年ぶりの再読で、その深い世界観の一端をやっと認識 闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252)) 作者: アーシュラ・K・ル・グィン,Ursula K. Le Guin,小尾芙佐 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1978/09 メディア: 文庫 購入: 12人 クリック: 388回 この商品を…

伊坂幸太郎の小説「火星に住むつもりかい?」

火星に住むつもりかい? 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/02/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (25件) を見る 帯にあるアオリと梗概はこんな感じ。 この状況で生き抜くか、もしくは、火星にでも行け。希望のない、二択だ。 …

恩田陸の小説“常野物語”シリーズ「光の帝国」「蒲公英草紙」「エンド・ゲーム」3作品

シリーズといいながら 3作品のトーンが違い過ぎて驚く 光の帝国―常野物語 (集英社文庫) 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2000/09 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 65回 この商品を含むブログ (327件) を見る 蒲公英草紙―常野物語 (集英社…

石田スイの漫画「東京喰種トーキョーグール」全14巻、「東京喰種トーキョーグール:re」1~7巻

東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス) 作者: 石田スイ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/10/17 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 東京喰種 トーキョーグール:re 1-8巻セット (ヤングジャンプ…

ほったゆみ(原作)、小畑健(漫画)による囲碁漫画「ヒカルの碁」全23巻

ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス) 作者: 小畑健 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2010/01 メディア: コミック クリック: 6回 この商品を含むブログ (11件) を見る 何か良い作品はないかと「漫画 名作」などというキーワードで検索して読…

広井良典による岩波新書「ポスト資本主義 科学・人間・社会の未来」

ポスト資本主義――科学・人間・社会の未来 (岩波新書) 作者: 広井良典 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/06/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (8件) を見る 人類史を俯瞰した上で、“資本主義”を分析、エコな未来社会を語る たまたま手に取った…

アーシュラ・K・ル・グウィンの小説「ラウィーニア」

ラウィーニア 作者: アーシュラ・K・ル=グウィン,谷垣暁美 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2009/11/13 メディア: ハードカバー 購入: 4人 クリック: 736回 この商品を含むブログ (19件) を見る メタ小説の形式を通して描かれる古代ローマ帝国以前の…

新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」

日本的デートムービー!? アイデア満載の良心的作品 会社の以前の同僚のシネフィル2人に評価を聞いたところ「面白かった。よかった」との言葉だった。アニメにうるさい別の友人も「よかった」と言っていた。ただ、シネフィルの元同僚は「いいなと思ったんだけ…

佐野眞一の人物評伝「唐牛伝 敗者の戦後漂流」

大御所ノンフィクション作家のバッシング後復帰第一弾となる力作 唐牛伝 敗者の戦後漂流 作者: 佐野眞一 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 60年安保闘争当時、全学連委員長だった唐牛(かろう…

三浦しをんの小説「あの家に暮らす四人の女」(要注意 ネタバレあり)

あの家に暮らす四人の女 作者: 三浦 しをん 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2015/07/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (14件) を見る いつもの緩い世界だが、驚くべき手法で書かれたある意味異色作 この作品を読んで、三浦しをんの小説で舞…

橘玲のブックガイド的エッセイ「『読まなくてもいい本』の読書案内」

「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本) 作者: 橘玲 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/11/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (10件) を見る “知のパラダイムシフト”を平易に解説だが、著者…

皆川亮二の漫画「PEACE MAKER」全17巻、そしてエンディングについて

PEACE MAKER 17 (ヤングジャンプコミックス) 作者: 皆川亮二 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/07/19 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 肝心なところを描かなかった皆川亮二の代表作のひとつ 今週の週刊文春のコラムでいしかわじ…

三部けいの漫画「僕だけがいない街」全8巻

僕だけがいない街 コミック 1-8巻完結セット 作者: 三部けい 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/04/26 メディア: コミック この商品を含むブログ (3件) を見る 入念な伏線と回収だけでなく、キャラクターの変化もきちんと描いた秀作 月刊漫画誌「ヤン…

伊坂幸太郎の小説「ガソリン生活」

ガソリン生活 (朝日文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/03/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る 気軽に読んでいい気分になれる、伊坂幸太郎の本領発揮!の作品 伊坂幸太郎の小説には寓話めいた荒唐無稽な…

舞城王太郎の短編小説集「短篇五芒星」

短篇五芒星 (講談社文庫) 作者: 舞城王太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/09/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る いつもの舞城ワールドに若干食傷気味 舞城王太郎は「阿修羅ガール」(2003年)を読んで以来、一応定期的に追っている作家だ…

日野啓三の小説「砂丘が動くように」

砂丘が動くように 作者: 日野啓三 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1986/04 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る 砂丘が動くように (講談社文芸文庫) 作者: 日野啓三 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/11/29 メディア: Kindle版 こ…

日野啓三の遺作エッセイ「書くことの秘儀」

書くことの秘儀 作者: 日野啓三 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2003/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (6件) を見る デュラスを介して小説を書くことの秘儀に迫る 小説「台風の眼」を読んで、久しぶりに日野啓三の書い…

萩尾望都の漫画「残酷な神が支配する」

暗く、重く、悲しい。読後感が深く後を引く。だが素晴らしい傑作 残酷な神が支配する(小学館文庫) 全10巻完結セット [コミックセット] 作者: 萩尾望都 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 残酷な神が支配する 全17巻完結(PFコミックス) …

藤井太洋の小説「GENE MAPPER-full build-」

Gene Mapper -full build- 作者: 藤井太洋 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2013/04/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (13件) を見る “黒川さん”の存在が作品に人間味を与えている 「オービタル・クラウド」に続き、こちらも感想を残すことに…

藤井太洋の小説「オービタル・クラウド」

オービタル・クラウド 作者: 藤井太洋 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/02/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (13件) を見る 人物設定、描写に物足りなさを感じ物語に没入できなかった 藤井太洋の小説は以前から読んでみたいと思っていた。…

マーキュリー・レヴのアルバム『ザ・ライト・イン・ユー』

ザ・ライト・イン・ユー アーティスト: マーキュリー・レヴ 出版社/メーカー: ホステス 発売日: 2015/09/30 メディア: CD この商品を含むブログを見る 1曲1曲の流れが素晴らしい完成度の高い秀作 2015年の秋に発表された8枚目のアルバム。 正直あまり期待せ…

はてなブログに引っ越しました

はてなダイアリーからはてなブログに8月の末から引っ越しました。 リダイレクト設定にはなっていますが、 もしブックマーク登録されている方がいらっしゃいましたらと思い、 ここに記させていただます。 そんな奇特な人はいないと思っていたのですが、 直で…

柳沢きみおの漫画「大市民 最終章」

大市民 最終章 (アクションコミックス) 作者: 柳沢きみお 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/09/10 メディア: コミック この商品を含むブログ (3件) を見る 主人公と完全に一体化した作者が、“最終章”で食、愛、人生を説く! 漫画家・柳沢きみお氏の代表…

三浦しをんの小説「まほろ駅前狂騒曲」

まほろ駅前狂騒曲 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/10/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (25件) を見る 後半の展開は映画版とは違う 「まほろ駅前番外地」に続きシリーズ3冊目となる長編。 A5判で468ページ、週刊文春に20…

三浦しをんの小説「まほろ駅前番外地」

まほろ駅前番外地 (文春文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/10/10 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (40件) を見る 映像を見るように読めるシリーズ中編集 三浦しをんについては、この感想メモにタ…

平野啓一郎の小説「空白を満たしなさい」

空白を満たしなさい(上) (講談社文庫)作者: 平野啓一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/11/13メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る空白を満たしなさい(下) (講談社文庫)作者: 平野啓一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/11/13メディア…

平野啓一郎の小説「ドーン」

ドーン (講談社文庫)作者: 平野啓一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/05/15メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (16件) を見る平野啓一郎の小説は断続的ではあるが、折あるごとに読んでいる。ウィキペディアを読むと現在41歳と…

伊坂幸太郎・阿部和重による合作小説「キャプテンサンダーボルト」

キャプテンサンダーボルト作者: 阿部和重,伊坂幸太郎出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/11/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (45件) を見る伊坂幸太郎・阿部和重という人気作家の合作。 私の大雑把なイメージでは普通の大学生とかが読んでいそう…

庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督による映画「シン・ゴジラ」

アニメ好きではないが、テレビ放送時に「エヴァンゲリオン」は見ていた。 すでにいい大人になっていたが心打たれるところもあり衝撃的な作品ではあった。 結局、旧劇場版も新劇場版も見ている。初めて「エヴァ」を見た時は、実質的作者である庵野秀明に何か…

萩尾望都の漫画「バルバラ異界」

萩尾望都「メッシュ」を読んだので、同じ作家の2000年以降の作品も読んでみようと思い、この時期の有名な作品「バルバラ異界」を読んでみた。 今回、初めて読んだ。 そしてちょっとないくらい濃密な漫画読者体験ができた。読んだのは小学館文庫版。2002年か…

伊坂幸太郎の小説「SOSの猿」

SOSの猿 (中公文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2012/11/22メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 9回この商品を含むブログ (40件) を見る伊坂幸太郎の小説はもうかなりの数を読んできたと思う。 ちゃんと数えていないが、20作くらい…

曽田正人の漫画「テンプリズム」1〜8巻

「昴」「MOON -昴 ソリチュードスタンディング-」を読んだ勢いで、同じ作者による新作「テンプリズム」を読んでみた。 本当は途中で読むのを中断した「capeta」にしたかったのだが、ボリュームがあるので、そちらはしばらく置いてから読むことにした。「テン…

曽田正人「昴」「MOON -昴 ソリチュードスタンディング-」

「昴」(全11巻) 「MOON -昴 ソリチュードスタンディング-」(全9巻)曽田正人は、少年チャンピオンで連載されていた「シャカリキ!」を気に入り、以来読んできた漫画家だ。 「シャカリキ!」の連載開始が’92年。それから現在の2016年まで24年である。 しっかり…

ちばてつやの漫画「おれは鉄兵」(講談社漫画文庫版全12巻)

この作品はリアルタイムで読んでいた。アニメは見ていない。 奇妙で唐突な終わり方に拍子抜けした漫画だった。 図書館に文庫版があると知り、読んでみることにした。連載時に子供だった私は主人公の鉄兵にはシンパシーを感じることができなかった。 鉄兵には…

萩尾望都の漫画「メッシュ」

この漫画は初めて読んだ。 作者の歴史的にどのあたりに位置するかウィキペディアで見ると、 「プチフラワー」1980年夏の号 - 1983年5月号 とあった。 ちなみに直近では有名なSF作品を連載していた。 以下の作品である。 ・「百億の昼と千億の夜」が「週刊少…

末次由紀の漫画「ちはやふる」第1〜30巻

この10年くらい、諸事情により普段まったく漫画は読んでいない。 半年に1回、まとめて何十冊を単行本で読むようにしている(基本的にはツタヤでレンタル。非常に気に入ったものは購入することもある)。 別に新しいものをチェックする、流行ものを追うとい気…

岩明均の漫画「ヒストリエ」1〜9巻

前回書いた「バードマン〜」から約1年更新せずにいた。 様々な作品と接したことを記録に残したかったのだが、諸々あってできずにいた。 これからはまた、記録に残していきたい。 - 「ヒストリエ」は、10巻くらいになったところで読み始めようと思っていた。 …

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン主演の映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの作品は「21グラム」「バベル」は見ている。 正直いうとあまり好みの作風ではないという印象だった。 だが、人の勧めがあり、全編にアントニオ・サンチェスのドラム演奏が流れるということも聞き、どんなもの…

ほしのよりこの漫画「逢沢りく」

逢沢りく 上作者: ほしよりこ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/10/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (39件) を見る逢沢りく 下作者: ほしよりこ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/10/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (13件) を見…

アレクセイ・ゲルマン監督の映画「神々のたそがれ」

私は特に映画好きというわけではないので、この映画の存在は知らなかった。 同じ職場にいたシネフィルの男性2人から教えられて見ることにした。 「ニーチェの馬」と同じくらいの衝撃はありますと、そのうちの1人から言われたので。ニーチェの馬 [DVD]出版社/…

元SEALの狙撃手クリス・カイルの自叙伝「アメリカン・スナイパー」

アメリカン・スナイパー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)作者: クリス・カイル,スコット・マキューエン,ジム・デフェリス,田口俊樹・他出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/02/20メディア: 文庫この商品を含むブログ (16件) を見るクリント・イーストウ…

三浦しをんの小説「政と源」

政と源作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/08/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (27件) を見る久しぶりに読んだ三浦しをんの小説。 感想メモの日付を見ると、2013年の5月に感想メモを書いた「仏果を得ず」以来とな…

柳下穀一郎による2010年代公開の邦画評「皆殺し映画通信」

皆殺し映画通信作者: 柳下毅一郎出版社/メーカー: カンゼン発売日: 2014/03/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (12件) を見る2010年代に公開された日本映画で“ほころび”の目立つ映画76本を取り上げ、著者が突っ込みを展開した映画評論…

百田尚樹原作、山崎貴監督、岡田准一主演の映画「永遠の0」

永遠の0 DVD通常版出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント発売日: 2014/07/23メディア: DVDこの商品を含むブログ (22件) を見るあまり興味のある映画ではなかったのだが、たまたまDVDで見る機会があった。ことさら心を動かされたわけでもない…

伊坂幸太郎の小説「陽気なギャングの日常と襲撃」

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2009/08/30メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 23回この商品を含むブログ (117件) を見る伊坂幸太郎の「あるキング」を読んで、結局すっきりした読後感がなかったの…