読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見て読んで聴いて書く

映像、書物、音楽などについての感想

石田スイの漫画「東京喰種トーキョーグール」全14巻、「東京喰種トーキョーグール:re」1~7巻

東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス) 作者: 石田スイ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/10/17 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 東京喰種 トーキョーグール:re 1-8巻セット (ヤングジャンプ…

ほったゆみ(原作)、小畑健(漫画)による囲碁漫画「ヒカルの碁」全23巻

ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス) 作者: 小畑健 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2010/01 メディア: コミック クリック: 6回 この商品を含むブログ (11件) を見る 何か良い作品はないかと「漫画 名作」などというキーワードで検索して読…

皆川亮二の漫画「PEACE MAKER」全17巻、そしてエンディングについて

PEACE MAKER 17 (ヤングジャンプコミックス) 作者: 皆川亮二 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/07/19 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 肝心なところを描かなかった皆川亮二の代表作のひとつ 今週の週刊文春のコラムでいしかわじ…

三部けいの漫画「僕だけがいない街」全8巻

僕だけがいない街 コミック 1-8巻完結セット 作者: 三部けい 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/04/26 メディア: コミック この商品を含むブログ (3件) を見る 入念な伏線と回収だけでなく、キャラクターの変化もきちんと描いた秀作 月刊漫画誌「ヤン…

萩尾望都の漫画「残酷な神が支配する」

暗く、重く、悲しい。読後感が深く後を引く。だが素晴らしい傑作 残酷な神が支配する(小学館文庫) 全10巻完結セット [コミックセット] 作者: 萩尾望都 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 残酷な神が支配する 全17巻完結(PFコミックス) …

柳沢きみおの漫画「大市民 最終章」

大市民 最終章 (アクションコミックス) 作者: 柳沢きみお 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/09/10 メディア: コミック この商品を含むブログ (3件) を見る 主人公と完全に一体化した作者が、“最終章”で食、愛、人生を説く! 漫画家・柳沢きみお氏の代表…

萩尾望都の漫画「バルバラ異界」

萩尾望都「メッシュ」を読んだので、同じ作家の2000年以降の作品も読んでみようと思い、この時期の有名な作品「バルバラ異界」を読んでみた。 今回、初めて読んだ。 そしてちょっとないくらい濃密な漫画読者体験ができた。読んだのは小学館文庫版。2002年か…

曽田正人の漫画「テンプリズム」1〜8巻

「昴」「MOON -昴 ソリチュードスタンディング-」を読んだ勢いで、同じ作者による新作「テンプリズム」を読んでみた。 本当は途中で読むのを中断した「capeta」にしたかったのだが、ボリュームがあるので、そちらはしばらく置いてから読むことにした。「テン…

曽田正人「昴」「MOON -昴 ソリチュードスタンディング-」

「昴」(全11巻) 「MOON -昴 ソリチュードスタンディング-」(全9巻)曽田正人は、少年チャンピオンで連載されていた「シャカリキ!」を気に入り、以来読んできた漫画家だ。 「シャカリキ!」の連載開始が’92年。それから現在の2016年まで24年である。 しっかり…

ちばてつやの漫画「おれは鉄兵」(講談社漫画文庫版全12巻)

この作品はリアルタイムで読んでいた。アニメは見ていない。 奇妙で唐突な終わり方に拍子抜けした漫画だった。 図書館に文庫版があると知り、読んでみることにした。連載時に子供だった私は主人公の鉄兵にはシンパシーを感じることができなかった。 鉄兵には…

萩尾望都の漫画「メッシュ」

この漫画は初めて読んだ。 作者の歴史的にどのあたりに位置するかウィキペディアで見ると、 「プチフラワー」1980年夏の号 - 1983年5月号 とあった。 ちなみに直近では有名なSF作品を連載していた。 以下の作品である。 ・「百億の昼と千億の夜」が「週刊少…

末次由紀の漫画「ちはやふる」第1〜30巻

この10年くらい、諸事情により普段まったく漫画は読んでいない。 半年に1回、まとめて何十冊を単行本で読むようにしている(基本的にはツタヤでレンタル。非常に気に入ったものは購入することもある)。 別に新しいものをチェックする、流行ものを追うとい気…

岩明均の漫画「ヒストリエ」1〜9巻

前回書いた「バードマン〜」から約1年更新せずにいた。 様々な作品と接したことを記録に残したかったのだが、諸々あってできずにいた。 これからはまた、記録に残していきたい。 - 「ヒストリエ」は、10巻くらいになったところで読み始めようと思っていた。 …

ほしのよりこの漫画「逢沢りく」

逢沢りく 上作者: ほしよりこ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/10/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (39件) を見る逢沢りく 下作者: ほしよりこ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/10/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (13件) を見…

伊坂幸太郎の小説「あるキング」、そこから連想した漫画「天然」、映画「ナチュラル」

あるキング (徳間文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2012/08/03メディア: 文庫 クリック: 9回この商品を含むブログ (46件) を見る先日読んだ「夜の国のクーパー」の読後感が今ひとつすっきりしなかったので、ほかの伊坂作品も読むこと…

皆川亮二の漫画「D-LIVE ドライブ」

「PEACE MAKER」を読んで気に入ったので、作者の皆川亮二の作品を都合がつくときに読んできた。今回は「ARMS」「ADAMAS」に続く4作目となる。主人公は17歳ながらすべての乗り物を完璧に乗りこなすことのできる天才ドライバー。 その主人公が国際的派遣業会社…

東村アキコの自伝エッセイ漫画「かくかくしかじか」第1〜4巻

数年前に、週刊文春でいしかわじゅんがこの作品を紹介しているのを読んで、興味を抱いていた。 やっと読むことができた。いしかわじゅんがどう評していたかはもう覚えていない。 この漫画家の作品を読むのは初めてだ。内容は、子供のころから漫画家志望だっ…

皆川亮二の漫画「ADAMAS」全11巻

(イブニングKC)" title="ADAMAS(11) (イブニングKC)" class="asin">皆川亮二の作品を読み始めて「PEACE MAKER」「ARMS」に続く3作目。 脚本として岡エリという女性がクレジットされている。 漫画家で原作も書いている人のようだ。 そういうこともあってか今…

皆川亮二の漫画「ARMS」全22巻

ARMS 全22巻完結 (少年サンデーコミックススペシャル)作者: 皆川亮二出版社/メーカー: 小学館メディア: コミックこの商品を含むブログを見る昨年、皆川亮二による「PEACE MAKER」を読み、ほかの作品を読んでみようと思っていた。 ということで、代表作でもあ…

和久井健の漫画「Abaddon」1〜2巻

(1) (ヤンマガKCスペシャル)" title="Abaddon(1) (ヤンマガKCスペシャル)" class="asin">(2) (ヤンマガKCスペシャル)" title="Abaddon(2) (ヤンマガKCスペシャル)" class="asin">実在する格闘家・五味隆典を主人公とした漫画。中学生時代から始まり、高校で…

二ノ宮知子の漫画「のだめカンカービレ」全25巻

(KC KISS)" title="のだめカンタービレ(25) (KC KISS)" class="asin">音楽をネタにした漫画ということで以前から気になっていた。 冬休みの時間を使い、やっと読むことができた。作者の漫画は今までに読んだことはない。 ドラマはちゃんと見ていない。映画は…

和久井健の漫画「セキセイインコ」1〜3巻

たまたまツタヤで見かけ、絵にちょっと惹かれるものがあり、読んでみた。著者は「新宿スワン」を描いていた人だが、私はちゃんとこの漫画は読んだことがないので語ることはできない。 ただ、随分と描く世界が違うものだと思った。ストーリーの説明は省く。こ…

村上もとかの漫画「フイチン再見(サイチェン)!

村上もとかが「JIN-仁-」連載終了後、休養期間を経て連載を始めた作品。導入から本編に入るまでが妙な構成になっている。 まず登場するのが、昭和34年のボク(少年時代の村上もとか?)。 彼のお気に入りの漫画が「フイチンさん」だったことが語られる。 「フ…

新川直司の漫画「四月は君の嘘」1〜9巻

会社にいる若い社員から薦められて読んだ。 彼は特に目利きという感じではない。 2013年の講談社漫画賞少年部門を受賞した作品だった。以下、読んだ感想。こんな話である。高い音楽的才能を持ちながら心の傷からピアノ演奏者として致命的な欠点を持つことに…

三浦建太郎の漫画「ギガントマキア」

ギガントマキア (ジェッツコミックス)作者: 三浦建太郎出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2014/07/29メディア: コミックこの商品を含むブログ (114件) を見る「ベルセルク」は大きな衝撃を受けた漫画だった。あんな異形の禍々しい存在を漫画で体験したのは初め…

小玉ユキの漫画「月影ベイベ」1〜4巻

舞台となるのはどこかの地方都市。 そこで何者でもない人たちが繰り広げるなんていうことのない青春や人間模様。この話って身もふたもない言い方をすればこんな物語だと思う。 ただ、心惹かれるものがあり、心動かされるドラマがある。 ものすごくよかった。…

池田理代子の漫画「オルフェウスの窓」全9巻

オルフェウスの窓 文庫版 コミック 全9巻完結セット (集英社文庫―コミック版)作者: 池田理代子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/04/24メディア: 文庫この商品を含むブログを見る私は少女漫画はさほど読んでいない。 読んだのは「24年組」や"男性でも読む…

池田理代子の漫画「ベルサイユのばら」全5巻

ベルサイユのばら 文庫版 コミック 全5巻完結セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)作者: 池田理代子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/07/21メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 156回この商品を含むブログ (33件) を見るこの漫画を初めて読ん…

原作・大場つぐみ、作画・小畑健による漫画「バクマン。」全20巻

「DEATH NOTE」の原作・作画コンビによる漫画。漫画家を目指す2人の少年コンビの成長を描く立志伝的物語である。 読む前は平成版「まんが道」みたいなものか、と思っていた。 だが、読んでいて「まんが道」の時代とは社会、メディアの状況が激変しているので…

皆川亮二の漫画「PEACE MAKER」1〜13巻

特に期待せずに読んだのだが非常によかった。 作者についてはまったく意識していなかったのでいい漫画家を見つけたという感じだ。映画だと映画監督・牧野省三が語った映画の3大魅力である要素 1 スジ、2 ヌケ、3 ドウサ というのがあるが、 それを漫画に置き…

穂積の漫画短編集「式の前日」

式の前日 (フラワーコミックス)作者: 穂積出版社/メーカー: 小学館発売日: 2012/09/10メディア: コミック購入: 20人 クリック: 265回この商品を含むブログ (103件) を見る以前読んだ「さよならソルシエ」という作品が世評と違い、あまりに良くなかったので、…

久保ミツロウの漫画「アゲイン!!」11〜12巻

一応、読んだ記録として残しておくことにする。書くべきことは何もないのだが、 ここまで面白くなくなった漫画は珍しいので記録しておく。7〜10巻を読んだときに、急速に面白くなくなったことを書いたが、 そのままのペースで物語は終る。応援団OBの投入な…

萩尾望都の漫画「トーマの心臓」

トーマの心臓 (小学館文庫)トーマの心臓 (小学館文庫)作者: 萩尾望都出版社/メーカー: 小学館発売日: 1995/08メディア: 文庫購入: 21人 クリック: 237回この商品を含むブログ (218件) を見る「ポーの一族」と同様、こちらも自分なりに再読して思ったこともあ…

萩尾望都の漫画「ポーの一族」

ポーの一族 文庫版 コミック 全3巻完結セット (小学館文庫)作者: 萩尾望都出版社/メーカー: 小学館発売日: 2011/03/01メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 62回この商品を含むブログ (13件) を見る数ヶ月前に竹宮恵子の「マンガの脚本概論」を読んだ。マンガ…

浅野いにおの漫画「おやすみプンプン」全13巻

ケッタイな漫画である。 そして大変な労作である。 週刊ビックコミックスピリッツに6年半連載していたそうだ(初めはヤングサンデーだったとのこと)。 妄想のおもむくまま、6年半これだけ鬱な漫画を書き続けることができるということは相当な精神的タフさがな…

映画と漫画「俺はまだ本気出してないだけ」

俺はまだ本気出してないだけ 豪華版 [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)発売日: 2013/12/03メディア: DVDこの商品を含むブログ (3件) を見る映画のほうをたまたま見る機会があった。 想像していた以上に“よかった”。 ギャグの誇張した描写もあまりすべる…

穂積の漫画「さよならソルシエ」全2巻

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)作者: 穂積出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/05/10メディア: コミックこの商品を含むブログ (51件) を見るさよならソルシエ 2 (フラワーコミックスアルファ)作者: 穂積出版社/メーカー: 小学館発売日: 2…

尾田栄一郎の漫画「ONE PIECE」第68〜72巻

おそらく1年半振りくらいに読んだ「ONE PIECE」。 パンクハザード編が70巻で終わり、ドレスローザ編の途中まで。70巻以上になりながらも、相変わらず面白い。 この漫画、ダレた時はなかったような気がする。“世界”があり“キャラクター”があり、そこで“スト…

羽海野チカ「3月のライオン」第7〜9巻

第5巻のラスト部分に衝撃を受けて大いに期待してたが、 6、7巻があまりピンと来なかったので、期間を置いてまとめて読み直した。今回はピンときた。いじめの問題に関しても、簡単な結論のつけ方をしていない点にも好感を持った。この作家の作品はずっと読み…

藤巻忠俊の漫画「黒子のバスケ」20〜24巻

ウィンターカップ戦の続き。 23巻の半ばで決勝戦に進むチームが決まる。 それ以降は“帝光編”としてキセキの世代の中学校でのストーリー。漫画自体は面白いが、相変わらず主役であるべき火神の存在感、魅力が薄い。不思議なものである。過去エピソードの“帝光…

久保ミツロウの漫画「アゲイン!!」7〜10巻

アゲイン!!(7) (KCデラックス 週刊少年マガジン)作者: 久保ミツロウ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/01/17メディア: コミック購入: 4人 クリック: 8回この商品を含むブログ (11件) を見るアゲイン!!(8) (KCデラックス 週刊少年マガジン)作者: 久保ミツ…

小山宙哉「宇宙兄弟」20〜22巻

20巻 宇宙兄弟(20) (モーニング KC)作者: 小山宙哉出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/02/22メディア: コミック購入: 3人 クリック: 27回この商品を含むブログ (37件) を見る六太らがバックアップクルーとなったビンセントのチームが月着陸に成功するのが…

仲村うさぎ×三浦しをんの対話録「女子漂流 うさぎとしをんのないしょのはなし」

女子漂流 ーうさぎとしをんのないしょのはなしー作者: 中村うさぎ,三浦しをん出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 2013/11/05メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見る昨年の秋に中村うさぎは意識不明となる心肺停止状態に陥っている。 その当時…

構成・大塚英志、まんが・野口克洋「まんがでわかる物語の学校」

まんがでわかる物語の学校 (単行本コミックス)作者: 大塚英志,野口克洋出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2013/07/01メディア: コミックこの商品を含むブログ (1件) を見る「物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン」(00)、 「キャラクター小説の作り…

藤巻忠俊の漫画「黒子のバスケ」1〜19巻

執拗な脅迫事件があったことで話題となった漫画。 一体どんな漫画なのだろうと興味を引かれ、読んでみることにした。19巻を一気に読んだ。 非常にまっとうな普通のスポーツ漫画だった。こんな話である。 主人公の黒子テツヤは2年生までしかいない新設校・誠…

小山宙哉「宇宙兄弟」19巻

宇宙兄弟(19) (モーニング KC)作者: 小山宙哉出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/10/23メディア: コミック クリック: 48回この商品を含むブログ (42件) を見るパニック障害を克服したことを“試験”で示した日々人だが、発作の確率は0%ではないと主張する一…

久保ミツロウの漫画「アゲイン!!」6巻

アゲイン!!(6) (KCデラックス 週刊少年マガジン)作者: 久保ミツロウ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/10/17メディア: コミック購入: 3人 クリック: 16回この商品を含むブログ (15件) を見る前号からの続きとなる対かぼ国戦終了まで。ポジティブな行動で…

気になる諸事

「2030年には覇権国家なくなる」 米情報機関が予測 http://www.asahi.com/international/update/1211/TKY201212110312.html?ref=rss巨大隕石落下で爬虫類の種8割超姿消す 絶滅トカゲに「オバマドン」と命名 米エール大のチーム http://sankei.jp.msn.co…

小玉ユキ「坂道のアポロン BONUS TRACK 」

坂道のアポロンBONUS TRACK (フラワーコミックスアルファ)作者: 小玉ユキ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2012/11/09メディア: コミック購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (20件) を見る11月から2週間ぐらいかけて「ゲド戦記」全6巻を読んだ。 ル…

村上もとか「JIN-仁-」全20巻

JIN-仁- 全巻セット (ジャンプコミックスデラックス)作者: 村上もとか出版社/メーカー: 集英社発売日: 2011/03/17メディア: コミック クリック: 7回この商品を含むブログ (5件) を見る今年の3月に村上もとかの自伝「終わりなき旅 僕はマンガをこう創ってき…