読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見て読んで聴いて書く

映像、書物、音楽などについての感想

気になる諸事

IMF基盤強化、最大で4千億ドルに G20で確認へ
http://digital.asahi.com/articles/TKY201204180241.html
→日本の600億ドル(約4.8兆円)融資は各国の中でも突出している。


石原都知事:次期衆院選で橋下大阪市長との連携示唆
http://mainichi.jp/select/news/20120418k0000e010224000c.html?inb=ra
原発対応が絶対ネックになると思うのだが。

尖閣諸島国有化「十分ある」 官房長官が明言
http://digital.asahi.com/articles/TKY201204170574.html
→石原の著書「国家なる幻想」を読んだ限りでは、この所有者は以前、石原からの買いたいという話を断っていた。色々つてを辿って、会うことも拒否していた所有者にやっと会うことができたと本には書かれていた。それを年月を経た末、石原が買うことになったと聞いたら、いきなり国が横から入って買うことも検討できますよってのはないでしょ。現在の所有者は、大変な手間をかけて沖縄の所有者から島を買い、誰にも売らないことにしていたのだから。何らかの強い意志があったはず。国に対する不信感から購入を決意したとも思える。
それを売るというのはそれなりの理由があるのだと思う。
この発言には国は国民の意思なんか無視してなんでもできるという傲慢なものを感じる。
まあ法律変えちゃえば、所有者の意思なんか無視して購入できちゃうんでしょうけどね。
ただ、対国家の問題でもあるし、そう発言するのも仕方ない面はあるのだが。
それにしても、所有者がなぜ購入して、今回売ることを決めたのか、その理由は知りたい気がする。
後でウィキペディアを見たら、経緯は書かれていた。

尖閣、半年の極秘交渉…山東議員が知事に橋渡し
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120418-OYT1T00132.htm?from=rss&ref=rssad
→この部分は「国家なる幻想」とは若干違う。多分、この以前に所有者と石原と交渉はあったと思える。改めて会ったという感じなのだろう。

石原知事、尖閣購入の考え強調「国がさっさとやれば…」
http://digital.asahi.com/articles/TKY201204180164.html
↓こういうこと言ってるから、石原にこう言われるのです。
首相「尖閣問題、あらゆる検討」 国有化否定せず
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3EAE2E2E58DE3EAE2E6E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;n_cid=DSGGL001

大阪都構想、橋下氏が自公案評価 民主と対決姿勢
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3E5E2E18B8DE3E5E2E6E0E2E3E08297EAE2E2E2;n_cid=DSGGL001

鳩山氏、今度は司法に口出し…小沢氏無罪を期待
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120417-OYT1T00995.htm?from=rss&ref=rssad
→トンでもないところはあるにしても、鳩山元首相がマスコミから過度に突っ込まれていることは間違いない。
鳩山元首相に対抗馬、あの堀井学氏に出馬要請
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120418-OYT1T00032.htm?from=rss&ref=rssad
→文春に書かれていたようになりそう。またもや受難。

OKIO松岡昌宏がサウナで倒れ緊急搬送 「深くおわび申し上げたい」
http://www.kyodo.co.jp/entame/showbiz/2012-04-17_48217/