読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見て読んで聴いて書く

映像、書物、音楽などについての感想

コールド・プレイ『マイロ・ザイロト』

音楽

マイロ・ザイロト【MX】

マイロ・ザイロト【MX】

とりあえず、現時点での感想メモ。

このバンドのことはほとんど知らないのだが、アルバムの音源は全て聴いてきている。
積極的に好き、と言うにはちょっと抵抗はあるが、聴いている分には気持よく、高揚感も味わえるので、機会があるとアルバムを聴いているという感じだ。なかなかポピュラリティーのあるいい曲を作っていると思う。

私の印象ではU2ほど大げさでくどくなく、レディオ・ヘッドほど辛気臭くない、そのたぐいの音楽という感じだ。ただ、ちょっと軽いかなみたいな。
あくまで個人的な印象である。

メンバーの名前も知らないし、何人編成かすら知らない。
顔もこのアルバムの発表の際に、ユーチューブでライブを見て初めてちゃんと見たくらいだ。

ということで、この新作アルバムも今頃になってやっと聴いている。

ということで、的外れかもしれないが、勝手な印象を以下に思いつくまま書く。

このバンド、ロックを熱心に聴いている、“うるさ型”の人からの評価はあまり高くないような気がする。このアルバムをネタにしたブログも少ない。

あまりに普通のイギリスの兄ちゃん風のメンバーの風貌、服装など、見た目もロック的でない。
ユーチューブで見た彼らの言動もロックならではの“自意識”は感じさせないものだった。
もったいぶってないのはいいが、あれではファンは幻想を抱けないだろう。


そんな感じで、メンバーに“本物感”の演出があまりされていないように思える。

先にあげたU2、レディオ・ヘッドの大衆的な亜流とみなされているのだろうか。

実は前作からブライアン・イーノがプロデュースしていたことを今回初めて知ったくらいだ。

今回のアルバムも、現時点の印象では、親しみやすくも、それなりのスケール、奥行きを感じされる音楽に仕上がっていたという感じだ。さわやか度もアップした。
ただ、以前のアルバムの曲の方がもっと振り切れていた感じがあるので、小粒な作品集という気もしなくもない。

詳しくないので、適当なことを書いてしまった気もする。
ただ、書いておかないと忘れてしまうので、記録として残しておくことにする。
また、何か思うことあれば更新する。

先に書いたように、曲自体はこのバンドなかなかいいと思う。
私としては、かつてのシンプル・マインズくらいの評価はしています。