読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見て読んで聴いて書く

映像、書物、音楽などについての感想

尾田栄一郎の漫画「ONE PIECE」第68〜72巻

ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 69 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 70 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 71 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)
おそらく1年半振りくらいに読んだ「ONE PIECE」。
パンクハザード編が70巻で終わり、ドレスローザ編の途中まで。

70巻以上になりながらも、相変わらず面白い。
この漫画、ダレた時はなかったような気がする。

“世界”があり“キャラクター”があり、そこで“ストーリー”がある。
絵のうまさについては私はまったくわからないが、
この漫画ほんと上記3つをバランスよく大きく広げることに成功した作品だと思う。

折り返しとなる「マリンフォード頂上戦争」が60巻あたりなので、
120巻くらいで終わるのではと勝手に思っているが、この調子なら
ダレることなくきっちり物語は進んでいきそうである。
そこまで書けば編集部も引き伸ばしはしないだろう。

しかし、これだけの数のキャラクターが登場しながら、それぞれが際立った魅力を持っているというのもすごい。