読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見て読んで聴いて書く

映像、書物、音楽などについての感想

尾田栄一郎「ONE PIECE」67〜68巻

ONE PIECE 67 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 67 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)

66巻は“魚人島編”と“パンクハザード編”のつなぎだった。
67巻から本格的に“パンクハザード編”がスタート。


ナミ、サンジ、チョッパー、フランキーの心と体がシャッフルして入れ替わり、さらに海軍のスモーカーとたしぎの心と体が入れ違いになるという展開が、今回の面白み。

個人的には今回の扉絵ストーリー“カリブーの新世界でケヒヒヒヒ”のこの後の展開が気になる。
悪さをしているところをジンペエにのばされたカリブーが、樽に入れられてどこに連れられていくのか? 

2巻分なのでちょっと読んで物足りない。
やはりこの漫画は4、5巻分ある程度まとめて読むほうが私には向いているようだ。

ストーリー内容については省く。