読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見て読んで聴いて書く

映像、書物、音楽などについての感想

ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ出演の映画「アーティスト」

映画

2011年度のアカデミー賞で、
作品賞、主演男優賞助演女優賞、監督賞、脚本賞、作曲賞、衣装デザイン賞を受賞した作品。

前情報としてはサイレントからトーキーへ移行する往年のハリウッドを舞台にした、モノクロのサイレント映画で犬が活躍する映画ということしか知らずに見た。
監督、主演男優、ヒロイン役についても知らなかった。
助演のベレニス・ベジョヒース・レジャー主演の「ROCK YOU!」に出ていたようだが記憶にない。
監督はフランス人。ベジョの夫だそうだ。

ということで何の先入観もなく見た。
オープニング・クレジットにはこの主演・助演コンビでなく、
助演であるジェームズ・クロムウェルペネロープ・アン・ミラージョン・グッドマンの名前が大きく出ている。

非常によかった。
サイレント映画のオマージュが多々あるそうだが、そんなことは意識しなくてもウェルメイドなドラマとして楽しめる。
サイレントでモノクロということ自体はハンディともいえるのかもしれないが、その不自由さ“カセ”が逆に丹念な作りこみをさせることになったのではとも思える。
新井一「シナリオの基礎技術」で書かれていた“シャレード”という手法が、サイレンとということで大活躍している。

私の好きな映画監督は木下恵介フランク・キャプラである。
個人的にもとても好みのタイプの映画だった。

上っていくものと沈んでいくもの、その対比が切なさをあおる内容。

この映画については、ああだこうだと言葉で説明するより、そのものを見たほうがいいと勧めたくなる作品です。